損切直後の再度エントリーで失敗

FXなど投資において、勝率100%ということはまずありえず、損失が出るトレードの機会は必ずあります。

その際、損失に対して冷静に対応して、次の機会を待てればいいのですが、最初のうちは損失トレードに対してどーしてもイライラしたり、怒りを覚えたりします。そして、すぐに損失を取り返したい気持ちになります。

もちろん私もイライラする派です(笑)

ただ、このイライラする気持ち、すぐに取り返したい気持ちが、損切後の不用意なエントリーにつながり、損失を膨らませてしまうトレードにつながります。

特に「1.1トレンド発生時の逆張り」の心理状況でも書いてますが、最初に「利益を取り損ねている」という気持ちがあって、損を出した場合は、なおさらすぐに取り返したい気持ちが強くなり、すぐに再エントリーしがちです。

こちらのチャートをご覧ください。

このパターンでは、赤線地点で上昇トレンドが発生すると考え、ロング(買い)エントリーをしました。

しかし、思いのほか上昇せず、下降し青線の位置で損切しました。

しかしながら損切した後にまた、上昇し始めました。

そうすると、こういう気持ちになりました。

「何で損切した後に、上昇しだすんだ!持っていれば損切しないで済んだんじゃないか!」

この気持ちが、赤線でロングを再エントリーしてしまいました。

ちなみに、出来上がった過去のチャートを振り返れば、下降していくのがわかりますので、戻り売りで入ればいいのではという意見は重々わかります。

しかし、②のエントリー地点では、当然チャートの右側はありませんので、判断が残念なのはご了承ください(笑)。

結果はご覧の通り、しっかり下落してしまい、青線で損切しました。

この連続損切でますます「損した!取り返さないと!」という気持ちが強くなります。

遅いかもしれませんが、ここで冷静さを取り戻さないといけないのですが・・・

ちょうど1ドル112.00円のラウンドナンバー(キリ番。.00や、.50 など区切りとして丁度いい数値)で、抵抗したんですね。

すると、ここで反発すると考え、赤線でロングの再々エントリーをしてしまうのです。

結果は・・・

はい、青線で損切でした。

ご覧の通り、3連続損切でもう冷静さを欠く状況になってしまうので、これ以上続けても上手く行かないことが多いです。

ただ、チャートを見ていると、エントリーしてしまうんですよね!

冷静さを欠いているから。

そうなると次のエントリー機会を探ってしまいます。

112円をしっかり割り込んだので、ここからさらに下落すると考え、戻り売りにここで戦術を変更してます(遅すぎる!)。この戦術変更が冷静さを装っているだけなのに・・・

なので、青線でショート(売り)エントリーしました。

エントリー後すぐに12~13銭ほど下落し、この一連の流れでようやく含み益が出るトレードになりました。ただ、ここまでの損失が大きかったため、利確せずにポジションを保有し続けました。

すると・・・急な反転上昇が起こり、慌てて赤線で微益の利確を行いました。

もうお分かりだと思いいますが、損切、損切、損切、とれたはずの利益を大きく減らしての微益。

もう、イライラのピークに達しましたね!

その後はと連続でショートエントリーをしては、損切を繰り返し、散々な結果になり、深い後悔とイライラで眠れない夜を過ごすことになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください